>

必見!大切な結婚式に人を呼びたい方へ

予算に見合った人数で招待する

結婚式を想像してみると、ウェディングケーキや料理などお金のかかりそうなものが多いですよね。
例えば結婚式当日に費用がかさむのはゲストに向けられた料理や飲料、引き出物などです。
また、実際は結婚式を造り上げる段階から、式場や招待状、メニュー表などのオーダーですでに大幅な予算を必要とします。

招待する人の数も結婚する側が見越している予算と大いに関係があります。
なぜなら、ゲストの人数が増えることにより、料理や飲料の量、会場の大きさも変わるからです。

当然招待する人の数を増やしすぎると、それだけで予算オーバーになる可能性もありますから、徹底した話し合いが必須です。
もし親族が出席する場合は、相談を求めてもいいかもしれません。

求める雰囲気で呼びたい人が変わることも

実は結婚式に呼ぶ人というのは、新郎新婦が求める式の雰囲気によって変わることがあります。
もし結婚する側がなるべく落ち着いた空気の中で式を挙げたいとなったら、親族中心に集める。
よりカジュアルな結婚式にしたいと考える場合は新郎新婦の友人を中心に集めるなど、好みによって変えていくのも一つのアイデアです。

もしくは具体的な雰囲気を決めておいた上で、絶対に招待したい人やできれば招待したい人などをリストアップするとお互いの考えがわかりやすくなります。
ある程度予算に余裕があり、比較的多くの人数を呼べる会場であれば友人や職場の人でそれぞれバランスをとるという方法もあります。

最近の結婚式は呼びたい人を呼ぶ風潮になってきているので、出席できなかったとしてもまずは思いつく人から呼んでみることもいいでしょう。


この記事をシェアする