結婚式で招待状を送るタイミングは?書き方のマナーも!

知っておきたい一般常識を学ぶページ

誰を招待するかを話し合おう

大切な人と結婚することになると、費用はかかっても結婚式を挙げたいという人は多いです。
皆さんもご存知のとおり、結婚式は非常に華やかで盛大な「人生の行事」です。

結婚式の中には親族だけで開くようなケースもありますが、身近な友人はもちろん、場合によっては会社の社長などが来ることも少なくありません。
こういった人たちがどのようにして結婚式の詳細を知るかというと、多くの場合は新郎新婦からの「招待状」が届くことによります。

それぞれ、結婚式に招かれる人たちにもその時に考えている予定というものがあるので、結婚式当日や前日にいきなり呼ばれても困ることになります。
例えば友人に「どうして来てくれなかったの?」と文句を言っても、相手にも都合がありますから仕方のないことです。
結婚式の予定を知らずにいた友人はもしかすると自分の晴れ姿を見たかったと思っていたかもしれません。

このようなトラブルを防ぐために、「招待状」を送ることがマナーとなっています。
招待状を送れば招かれる側もその時の予定が立てやすくなりますし、結婚式に参加するための必要な費用なども事前に準備できるようになります。

ただし、招待状はただ送ればいいというものではありません。
普段の友達とのやり取りで使うメールのような文章で書くのではなく、招待状相応のフォーマットと言葉遣いが存在します。

そこでこのサイトでは「知っておきたい一般常識」の一つとして、結婚式への招待状送付のマナーについて詳しく解説しています。
書き方や送るタイミングなど、知らないと恥ずかしい知識ばかりですので覚えておきましょう。

必見!大切な結婚式に人を呼びたい方へ

結婚式はある意味人に見てもらえる行事とも言えます。 費用面などを考えた上で、式の規模によっては大勢の人を呼ぶケースもあります。 ただし、式に来てくれる人を集めるのにやたらと招待すればいいというわけではありません。 結婚する側も祝福する側も満足するような結婚式にするために、招待する人を考えましょう。

招待状の基本的なマナーとは

自分の結婚式に人を招待するとしても、突然の連絡では相手も来てくれません。 結婚式はその人の人生で最も大きなイベントで、遊びで開かれるものではないことを覚えておきましょう。 そのため、結婚式に人を呼ぶのには招待状を書く必要がありますが、手紙感覚のように書くのではなく、きっちりとしたマナーがあるようです。

招待状送付のベストタイミングを知ろう!

結婚式に呼ばれたことのある人は分かるかもしれませんが、招待状は結婚式前日に送るものではありません。 結婚式の出席には衣装やお祝儀など費用がかかることに加え、招待される人の予定も考慮することが重要です。 これから結婚式を挙げることを考えている人は招待状を送るタイミングを知っておきましょう。